娘。十期賭博・番外編~ドロシーリトルハッピー現場でのミラクル~


 

 

娘。十期賭博・番外編~ドロシーリトルハッピー現場でのミラクル~

合宿SPを見た後のでんでんさんの予想があがって来ないので、
本日は番外編を書きたいと思います。

 Dorothy Little Happyイベント@イオン与野

TIF2011で一番名を上げたと言われるDorothy Little Happyが、
TIF後に初めて関東でやるイベント。
タイミング的にはももクロが「MJ」に出演し「怪盗少女」を披露して
一気に新規を獲得した直後の新三郷イベントに近かった気がする。

開演2時間前の11時に会場に到着すると、すでに70人近い人が集まってる。
12時からのグッズ販売は長蛇の列。CDは1部の時点で完売するなど、
TIF前とは全然違う状況。最終的には見物客も含め300人以上の人が集まった。

2部終了後に行われたサイン会には200人以上の人が並んだ。
ドロシー結成当時から見てる知り合いに聞いたら、ここまでサイン会や握手会で
人が並んだのはドロシー史上初だと。完全に見つかっちゃったパターン。

ライブは各部5曲づつ約30分の内容だったが、ドロシーの全力パフォーマンスは
素晴らしく、会場を埋めるファンは誰しも満足したと思う。
その証拠にライブが終わった後の拍手が鳴り止まない。
決してアンコールを要求するという類のものではなく、純粋に素晴らしいライブを
見せてくれたことへの感謝の拍手だったと思う。なかなか見れない光景。
メンバーも鳴り止まない拍手を前にして感動していた。

ライブ後に行われたサイン会は、待ち時間が長く少々厳しかったが、
ライブが素晴らしかったので、それもさほど苦痛にならない。
そもそも今のドロシーには握手などの接触を求めに来てる人よりも
純粋に彼女達のパフォーマンスを楽しみに来てる人が大半。
メインのライブで十分に満たされてるので物販はあくまでオマケ。
接触をメインで商売してるアイドルとは一線を画してるのがドロシーの一番の強み。

拠点が仙台というのは全国区になるには大きなハンデとなるが、
月に2度くらいコンスタントに関東へ来てライブを行っていけば、
年内中にもあっという間にブレイクしてしまうと思う。
今日はそんなドロシーのブレイク前夜を目撃した気分だった。

実はこのイベントで、とんでもないサプライズがあった。

1部のイベント前にドロシーヲタのオシシ仮面氏がやって来てこんな事を教えてくれた。

「今日、娘。オーデを受けてる石田ちゃんと田中ちゃんが来てますよ。
私が来るときのバスが一緒でした。」

娘。オーデ中の2人がまさかここに来てるなんて!

1部のライブが終わり握手会の列に並んでると、握手会をやってるステージ横に
私服姿の石田ちゃんと田中ちゃんが居るじゃないかっ!

生で見る2人は物凄くかわいい。
TVでは伝わらないかわいさが溢れてた。

石田亜佑美ちゃん。
TVの画面からはあまり伝わって来なかった「萌え」的要素をびんびん感じた。
ゆうかりん的な匂いもあり、ハロプロヲタ受けする要素を存分に持ってる。
これでダンスがバリバリ踊れて歌も上手いんだもの、どうなるか分かるよね?

田中風華ちゃん。
まったく好みじゃないと思いノーマークだったけど、普通にかわいいでやんの(ノ∀`)
雰囲気的にはアイドリング!!!の橋本楓ちゃんにかなり似てるものがある。
楓ちゃん今年で中学卒業しちゃうので風華ちゃんが来年からは僕の新・楓ちゃんで←

握手会のステージに上がる直前に2人の目の前を通る形なので、
彼女達の前に行った時に鞘師ちゃん団扇を見せて手を振ってみた。


「この子知ってる?先輩だよ!」

すると「はい!」と頷くもやや苦笑w


「武道館見に行くからね!楽しみしてるよ!」

すると、またまたやや苦笑w

まあ、そうなりますよね(ノ∀`)

その後、ステップワンの方(社長さん?)としばし談笑。
彼女達は明日最終審査があるらしく、そのために上京してきたらしい。
せっかくドロシーがイベントで東京に来てるから、
彼女達も今日から前ノリってことなんでしょう。

「彼女達どうですかね、受かりますかね?」と聞いて見ると、
「10人の中の2人ですからね。
2人とも入って欲しいけど、なんとか1人でも合格して欲しい。」

ハロプロとステップワンは会社同士でも協力体制(業務提携?)を結んでるようで、
今後も色々と協力しあって行くようなことも言ってた。
「ハロプロさんは今、起死回生を狙って色々と動いてるようなので
今後も色々と協力できれば」って言ってた。がんばれハロプロ!

Fairiesも全国のダンススクールに声をかけて人材を集めたわけだし、
ハロプロも今色々と全国のスクールに声をかけてるんでしょう。
広島アクターズスクールからの鞘師ちゃんのように。
ステップワンは人材の宝庫なのでこれから楽しみ。

彼女達はあくまでステップワンのスクール生であり、契約を結んでるタレントではない。
なのでオーデの応募資格に書いてある、
「芸能プロダクション等の芸能活動を行う団体に所属及び契約等をしていない方。」
というのは問題なくクリアしてる。

娘。賭博中にそのオーデに参加してる子に直接会うなんてハプニング今だかつてない。
隠してるとインサイダー取引とみなされるので、きちんとすべて公表しましたw

サプライズはまだまだあって、この2人、なんと2部のステージに登場した。

2部の「High So Jump!!」の時にイベント司会を務めてたバックダンサーズの2人が
ステージに登場し、一緒に踊ることに。
するとそのバックダンサーズの1人ゆみちゃんがこのようなことを言い出した。

「バックダンサーとして一緒に踊らさせていただこうと思います。
そして、さっき通路を歩いてたら、たまたま、踊れそうな女の子2人を見つけて、、、」

と言った瞬間、石田ちゃんと田中ちゃんくるうううう!!と分かった俺達歓喜!!

客席から大歓声!!

客席から「かわいい~!」の声が飛び交う。

「偶然ですねぇ~」「こんなことがあるんですねぇ~」とドロシーのメンバーは
あくまで「偶然に通りかかった2人が特別にステージに上がって踊る」という体w

そして、ドロシー5人+バックダンサーズ4人でのライブがスタート。

俺が見たかったこのステージをまさかこんな形で見れるなんて奇跡すぎる!!

数日後には石田ちゃんと田中ちゃんはモーニング娘。のメンバーになるかもしれない。
そしたらもう二度とドロシーのバックダンサーとしてステージに立つことはできなくなる。

合格の瞬間に彼女達はモーニング娘。のメンバー、ハロプロの中の人になるわけで、
お別れセレモニー的なものも一切できないだろう。
そうなった場合はこれが最後のステージ。

数ヶ月の間、一緒に活動して来た仲間が、明日娘。オーディションの最終審査に挑む。
その前日に粋な計らい、これぞドロシー流の壮行会。いいもん見たぜ!

今回のオーデは、愛する鞘師ちゃんの
チームメイトに相応しい子を選ぶって気持ちだったのに、
一気に気持ちが変わっちまった。

今日でこの2人に情が入っちゃったし、
エナジーもびんびん感じちまった。

博打に私情は禁物なのによ、参っちまったぜ・・・

この模様はここにアーカイブが残ってるので動画を見ることができます。
見れなくなる前にぜひ!

※バックダンサーが出てくるシーンは22分ごろから