なれのはてアワード2009


なれのはてアワード 2009

【楽曲部門グランプリ】 ももいろクローバー/未来へススメ!

【アルバム部門グランプリ】 Buono!/Buono!2

【NEWグループ/ユニット部門グランプリ】 S/mileage

【ニューカマー部門グランプリ】 佐藤すみれ(AKB48新チームB)

【現場(コンサート/イベント)部門グランプリ】
Buono!ファーストライブツアー2009~Winterフェスタ!~

【グループ/ユニット部門グランプリ】 Buono!

【ベストアイドル部門グランプリ】 柏木由紀

 

 なれのはてアワード2009 楽曲部門はこちら

 

 なれのはてアワード2009 アルバム部門はこちら

 

 なれのはてアワード2009 NEWグループ/ユニット部門
2008年グランプリ:MilkyWay
2007年グランプリ:キャナァーリ倶楽部

【2009年ノミネート】五十音順
私立恵比寿中学
クリィーミー・パフェ
虎子虎子
S/mileage
ぱすぽ☆
B.L.T.アイドルカレッジ
momonaki
渡り廊下走り隊

えび中は来年ノミネートが妥当かと思ったけど、今年そこそこ楽しんでるので対象にした。
虎子虎子は一度も生で見たことないけどおかぴょんが1年間頑張ったのでw
ぱすぽ☆は日曜日にやっと見て来た。奥仲麻琴ちゃんがかなり良いエナジーを放ってる。
momonakiは将来性豊かなので来年に期待したいけど、事務所はきちんと押すんだろうか?
クリパはももクロがブレイクしない事には始まらないって感じが、一時期のポッシとキャナの関係
を見てるようでちょっと不遇な感じがするね。

2009年も色々と新しいグループ出ましたが、今年はもちろんこのグループがグランプリです!

 

 

★2009年なれのはてアワード・NEWグループ/ユニット部門グランプリ

S/mileage

去年はハロプロ新ユニット・MilkyWayがグランプリを取って今年解散しちゃったけどなーw
企画ユニットにグランプリを取らせるとかどうなのよ!と去年の俺に言いたいけど。
ももクロちゃんをグランプリにしてればカッコよかったのになぁー。
今年は真野ちゃんのバックダンサーとしての活動がメインだったので、本格始動は来年。
今のハロプロに新ユニットをブレイクさせるだけの余力が残ってるのか、
非常に不安ではあるけれど、この4人の巻き起こす化学反応は楽しみ。
ハロプロユニットで所属してるメンバー全員好きってパターンは俺にとって初なので、
充実した活動をしてくれれば、S/mileage専ヲタになってもいいくらいだからね。ならないけど。
正月のハロコンでゴリ押ししてくると思うので、堪能したいと思います。

 

 

なれのはてアワード2009 ニューカマー部門
※2009年に現れたアイドルの中で一番輝いていた子

2008年グランプリ:北原里英(AKB48チームA)
2007年グランプリ:真野恵里菜(ハロプロエッグ/音楽ガッタス)

ニューカマーの基準は、CDデビューしたとかステージデビューしたとかは関係なく、
『俺がその子を認識した時点』でその年のノミネート対象となります。

【2009年ノミネート】五十音順
有安杏果(ももいろクローバー)
杏野なつ(私立恵比寿中学/みにちあ☆ベアーズ)
川上桃子(momonaki)
小森美果(AKB48新チームB)
佐藤すみれ(AKB48新チームB)
島崎遥香(AKB48チーム研究生)
高柳明音(18/SKE48チームKⅡ)
橋本楓(アイドリング!!!21号)
福原遥(クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!)
前田亜美(AKB48新チームA)
宮本佳林(ハロプロエッグ)

この部門は去年に続きAKBが強いね。
1年間で7期8期9期と3回に渡って新人が入ってくるってこのスピードは凄いよ。
島崎遥香ちゃんは来年デビューだったらグランプリの可能性あったけど、
今年だとまだ実績がないので弱いな。
エナジー新御三家・小森美果/佐藤すみれ/前田亜美の3人が他の子より実績で抜けてる。
最終的にあーみんとすーちゃんで悩んだけど、総合的に判断して彼女で!

 

 

★2009年なれのはてアワード・ニューカマー部門グランプリ

佐藤すみれ(AKB48新チームB)

すーちゃんを新人扱いしていいものか悩んだけど、3年越しの新人賞とか素敵やん!
ってことですーちゃんにカムバック賞的ニュアンスも含めつつグランプリを差し上げます。
1月にいきなりAKB研究生として登場してから1年間十分楽しませてもらったよね。
夏から秋にかけては海外遠征に2つとも参加したり、劇場公演に連続出場したり、
体ボロボロになりながらもフル回転で頑張ってた。今年デビューした新人とは思えない活躍。
11月にはホリプロ移籍も決定して、いよいよ2010年は勝負の年。本人もそれを自覚してる。
新人とは言え、来年はセブンティーンですからね、そうゆっくりもしてられない。
2010年、新チームBが始動してからのすーちゃんに大注目!目指せCD選抜!

おやすみれ♪
(uωu*)..

 

 

なれのはてアワード2009 現場(コンサート/イベント)部門
2008年グランプリ:AKB48-B3rd「パジャマドライブ公演」
2007年グランプリ:℃-uteコンサートツアー2007春 ~ゴールデン初デート~

去年は現場参戦数を数えるの辞めたんだけど、。あえて今年は数えてみます。
ももクロみたいに一箇所で1日に4公演参加した場合は4回でカウントしました。
ビッグサイトの握手会は1日に何回ループしても1回でカウントしました。

450でした(ノ∀`)
さすがに自分でも引いたwww

おそらくヲタ人生で一番多い参戦数になると思われます。
来年は最低でもこれの半分に抑えたいと思ってます←←
AKB現場が一気に減るだろうから新たなアイドル出現しない限り、普通に減ると思うけど。

今年参戦した450現場の中でベスト10。五十音順。

・AKB歌劇団 「∞・Infinity」
・AKB48リクエストアワー・セットリストベスト100
・AKB48 13thシングル 選抜総選挙 開票イベント
・AKB48 AKB48-B4th「アイドルの夜明け」公演
・℃-uteコンサートツアー2009春~ A B ℃ ~
・Buono!ライブ2009 ~ハイブリッド☆パンチ~
・Buono!ファーストライブツアー2009~Winterフェスタ!~
・真野恵里菜 セカンドシングル「はじめての経験」発売記念イベント
・ももいろクローバー JAPANツアー2009 ももいろTyphooooon!
・ももいろクローバー 09新秋ジャイアントシリーズ

AKB現場で一番印象に残ってるのは「開票イベント」。
アイドル現場ってレベルではなく人間ドキュメンタリーとして凄かった。
『人気投票の順位を発表するイベント』って事を超えた生々しい人間ドラマがそこにあった。
もう一度同じことやっても、今回のような緊張感はメンバーにも客側にも得られないだろうね。
次からはただの人気ランキング発表で終わると思うのでもうやらなくていいと思う。

ツアートータルでの充実度満足度ではももクロちゃんの「ジャイアントシリーズ」かな。
ここまでアイドルちゃんと一緒にめいいっぱい遊んだって感覚は初めてだったかも。
メンバーもファンも今年の下半期は一番良い時期、楽しい時期を過ごしたのは間違いなく、
来年どんな活動をするのか楽しみだけど不安でもあるね。
幸せな時間はそう長く続かないのがこの世界の常なので。

真野ちゃんは中野サンプラザや厚生年金会館でのライブよりも、CD発売イベントの方が
楽しかったのは事実。真野ちゃんは女優としての活動がメインになると思うので、
ハローの今までのフォーマットである「ホールコンサート」よりも、もっとアットホームなイベント
中心にやってく方が本人に向いてるのかなと思う。地下って言われりゃ地下だけど、
無理して背伸びして大味イベになるよりは、向いてることをやる方が良いかと。
来年1月にそれっぽいイベントをやるので、2010年は女優業とそれ系のイベントの2本で
動くつもりかもね。

 

 

★2009年なれのはてアワード・現場(コンサート/イベント)グランプリ

Buono!ファーストライブツアー2009~Winterフェスタ!~

グランプリは最終的にBuono!2拓でした。
甲乙付け難いんだけど、内容の充実度で「Winterフェスタ!」を選びました。
Buono!とドルチェのチームワークが回を重ねるごとに良くなって、
今年最後の「Winterフェスタ!」ではピークを迎えた。
メンバー間の信頼関係も相当強くなったみたいだし、ドルチェなしではBuono!はありえない。

ロックのコンサートで味わえる興奮とも違い、アイドルのコンサートで得られる高揚感とも違う。
2つを単純に混ぜ合わせたのとも違って、Buono!しか出せない魅力がある。
世界中を探しても、今のBuono!コンで味わえる興奮って他にないんじゃないかな?
Buono!のマネしてアイドルがロックっぽいことやりました!って言ってもこの世界は作れない。
これぞオンリーワンの世界だね。

ホールコン/スタンディングそれぞれ一長一短あって、今回に関してはどっちも完璧に楽しめた。
ホールでは最前で見れて、スタンディングでは最前ブロックで自由に暴れまわるっていうw
最前ブロックであんなに動けるとはビックリした。平日に地方って事で空いてたのが良かった。
「恋愛ライダー」で愛理と一緒に横移動できたからね。超楽しかったぁ~!

名古屋での千秋楽、オーラスの『Winter Story』。天井から雪が降ってくる幻想的な世界。
スタンディングで汗だくになってるヲタの上にも大量の雪が降り積もる。
サビの部分をメンバーと一緒にヲタも大合唱。
その時、突然ステージ上の愛理が泣き出した。
泣きたくないんだけど我慢しきれずに涙がこぼれてしまったといった感じ。
今年1番の想い出として『Buono!でライブができた事』を挙げていた愛理。
最後の最後、この幻想的な世界を見て、雪まみれになって必死に歌ってるヲタを見て、
愛理の心は揺れ動かされたんでしょう。悲しくて泣いたのではなく、
今年一年の楽しかったことを思い出し、うれしくて涙がこぼれたんだと思う。
愛理良い子だよ愛理。

 

 

 なれのはてアワード2009 グループ/ユニット部門
※2009年一番楽しませてくれたグループ/ユニット

2008年グランプリ:AKB48
2007年グランプリ:℃-ute

【2009年ノミネート】五十音順
AKB48
℃-ute
S/mileage
Buono!
ももいろクローバー

 

 

★2009年なれのはてアワード・グループ/ユニット部門グランプリ

Buono!

年間通して楽しませてくれたAKB48。
5月からずーっと頑張ってくれたももいろクローバー。
ポイント制だったらこのどちらかだと思う。
悩みに悩んだけど、瞬間の満足度、ユニットとしての完成度でBuono!を選びました。
シングル楽曲の弱さって部分はあったけど、ライブの完成度は段違いだったし、
どれか1つを選べと言われたら、今年の俺はBuono!かなと。
2009年がBuono!のピークだったって事にならないように来年の活躍を願いたいです。

 

 

 なれのはてアワード2009 ベストアイドル部門
※2009年一番輝いていたアイドル

2008年グランプリ:真野恵里菜
2007年グランプリ:真野恵里菜

ピストルエナジーと何が違うんだよ!と言われそうですが、全然違います。
ピストルエナジーはあくまでその時点で僕が感じてるエナジーをランク付けしてるもので、
この部門は年間通して僕を一番楽しませてくれたアイドルちゃんに差し上げる賞となってます。
ここまで去年のコピペw

【2009年ノミネート】五十音順

柏木由紀
吉川友
佐藤すみれ
鈴木愛理
玉井詩織
中島早貴
前田亜美
前田憂佳
真野恵里菜
和田彩花

 

 

★2009年なれのはてアワード・ベストアイドル部門グランプリ

柏木由紀

 

悩まず選べました。満場一致ですね。
2009年は柏木由紀で始まって柏木由紀で終わったと言っても過言ではないでしょう。
1年間ほぼ休まず働きまくって僕らを十分楽しませてくれたゆきりん。
印象点だけでなく、アイドル写真集年間売り上げNo.1というタイトルも手にしましたので、
日本のトップアイドルに登りつめたと言えます。

来年春には高校卒業を迎え、ますます大人の階段を登って行くと思うので、
ピストルエナジー的には微妙な段階を迎えますが、ゆきりんに関してはエナジーを超越した、
推し的な部分でこれからも長い付き合いになると思ってます。2010年もよろしくどうぞ!