なれのはて


2回続けて文句をダラダラ書きましたが、別に大沢親分や張本のおっさんみたいになりたいわけではなく、
たまたまそうゆう話題がありましたってだけで、普段はジェントルな感じで書いてきますよ。
「なれのはて」ってことでね、まんま今の俺の事を表した言葉です。
俺の場合は元々現場DDみたいな活動してたのでね、Wの現場が何もなければ他行くよってスタンス。
一緒にWの現場回ってた連中ほとんどがハローとは今一切縁切った感じになってる。
そういった中、俺は今も変わらずハロー現場通い詰め。特別に心を寄せるメンバーが居るわけでもなく。
そんなとこがヲタとして「なれのはて」だよなぁと思うわけです。

1人の子に対して熱いヲタっていうのが好きなんですよ。
偉いとか偉くないって話じゃなく、好きか嫌いかって話ね。
元々ヲタになった時に周りに居た奴らがそんなんばっかで、そこでヲタとして育ったってのも大きいかな。
DDの気持ちは良くわかりますよ。こんだけかわいい子いっぱい居るんだから1人に絞れるわけないよって。
それでも1人の子だけを熱く思って、馬鹿みたいに現場通い詰めてるってヲタが凄い好きなんですよね。
迷惑ヲタとして有名な赤メガフォンなんかも、邪魔くせーなぁーとは思うけど、あの熱さは嫌いじゃない。
俺はもう加護ちゃん以外にそういった感情になることは無理だからね。
いつか加護ちゃんが戻ってくるまではそういった熱い気持ちが湧き上がることはないですよ。

この9年間ハローの現場に通い詰めて「アイドル遊び」の楽しさも体に染み付いてるわけです。
加護ちゃんを一途に追っかけてくのとは別の部分で、遊びとしてね。レジャーですよ。
加護ちゃんは遊びじゃないからね、ライフワークだから。
ここら辺が同じ推しにも理解されづらいんだけどね。
その辺は理屈じゃなく加護ちゃん戻って来た時に態度で示すけどさ。
他に趣味でもありゃいいぜ。俺はないもの。アイドル遊びのみだからね。
ってことで、アイドル遊びに夢中なキャワイイ子大好きな僕の今のピストルエナジーを発表したいと思います。

ピストルエナジーとは2005年7月17日に一度だけ公開されたランキング。
当時の説明文より抜粋
>ピストルエナジーとは推しとは意味合いが違う。
>推しというのは今までのそのメンバーとの付き合いやそれにまつわる情などが混ざってしまう。
>お世話になった裕ちゃんなどは当然推しという意味では上になる。
>しかし、ピストルエナジーとはもっと本能に忠実なものであり、そのような付加価値は一切排除、
>どちらかというと歌やパフォーマンス、顔の好みなんかの要素が大きく反映される。

>加護ちゃんはエナジーどころじゃないので当然ランキングなんかには入れられない。
>辻ちゃんとごっちんも私の中では特別な存在なので除外。
>残りのメンバーが対象。

今から2年前のピストルエナジーはどんなランキングだったのか?

1位・道重さゆみ
2位・亀井絵里
3位・松浦亜弥
4位・安倍なつみ
5位・みうな
6位・藤本美貴
7位・吉澤ひとみ
8位・久住小春
9位・紺野あさ美
10位・高橋愛

今では考えられないメンバーがいっぱいいるよーw
5位みうなとかスゲーな俺w
2年間でどれだけエナジーが変わったのか!衝撃のランキング発表は明日まで待て!
こんな事で連載かよw