なれのはてアワード 楽曲部門


ピストルでいす。
今日は仕事でしたので四国には渡りませんでした。
『すべらない話』は有吉にもうちょっと頑張って欲しかったなぁ。期待してたのになぁ。

年末と言えば『娘。楽宴アワード』をやったり、娘。ラジ宴で『残念グランプリ』をやったりと
毎年慌しく過ごしてたんだけど、今年は何もないので久しぶりに楽に過ごしてます。
『楽宴アワード』は2001年から2007年まで7年間主催者としてやってきたんだけど、
見ての通り今の僕はハロプロっ子ではなくなっちゃったのでね、
こんな僕が主催者としてやるのは違うだろって思いもあり、今年は降りたんです。
誰かが引き継いでやってくれたら良かったけど、スタッフ内では立候補する人は居なく、
今年からは開催しないこととなりました。(有志の方が自主的に実施してくれたようだけど。)
ぶっちゃけボスが解雇された去年でもう俺は辞めるつもりだったんだけどね。
7年間で十分やりつくしたと思ってますので、あとは現役のハロプロファンにお任せします。
今までありがとうございました。

ということで今年からは1人でひっそりと1年間を振り返っていこうと思います。

 

 

 なれのはてアワード 楽曲部門

★2007年楽曲部門グランプリ:青春万歳!/キャナァーリ倶楽部

ざっと今年の候補を選んだら80曲になっちゃったw

(ハロプロ)27曲
リゾナントブルー/モーニング娘。
心の谷間/音楽ガッタス
イメージカラー/℃-ute
乙女COCORO/℃-ute
ほめられ伸び子のテーマ曲/℃-ute
「忘れたくない夏」/℃-ute
恋愛ライダー/Buono!
じゃなきゃもったいない!/Buono!
Cafe Buono!/Buono!
泣き虫少年/Buono!
ガラクタノユメ/Buono!
ロックの神様/Buono!
Kiss!Kiss!Kiss!/Buono!
ガチンコでいこう!/Buono!
れでぃぱんさぁ/Buono!
ロッタラロッタラ/Buono!
マイラブ/Buono!
こんにちぱ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
パパンケーキ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
アナタボシ/MilkyWay
サンサンGOGO/MilkyWay
タンタンターン!/MilkyWay
マノピアノ/真野恵里菜
ラッキーオーラ/真野恵里菜
Kill Me Kiss Me/HANGRY & ANGRY
Angelia/HANGRY & ANGRY
ロマンティックにバイオレンス/HANGRY & ANGRY

(NGP)8曲
アン ドゥ トゥロワ MIRACLE/NGP
ラヴメッセージ!/THEポッシボー
いじわるCrazyLove/THEポッシボー
愛してGIVE ME/THEポッシボー
初恋イメージ/キャナァーリ倶楽部
ニシキカザレ/キャナァーリ倶楽部
瞳がキラキララ/キャナァーリ倶楽部
ドキッ!こういうのが恋なの?/えり~な
スッピンロック/小川真奈

(AKB48)16曲
大声ダイヤモンド/AKB48
夢を死なせるわけにいかない/AKB48-H2
となりのバナナ/AKB48-H2
初日/AKB48-B3
必殺テレポート/AKB48-B3
パジャマドライブ/AKB48-B3
てもでもの涙/AKB48-B3
鏡の中のジャンヌ・ダルク/AKB48-B3
キスして損しちゃった/AKB48-B3
ワッショイB!/AKB48-B3
最終ベルが鳴る/AKB48-K4
シャムネコ/AKB48-K4
ハート型ウイルス/AKB48-A5
恋愛禁止条例/AKB48-A5
真夏のクリスマスローズ/AKB48-A5
ひこうき雲/AKB48-A5

(アイドリング!!!)8曲
Snow celebration
モテ期のうた
恋ゴコロ
Like a Shooting Star
告白
「職業:アイドル」
トキメキDREAMィング!!!
レモンドロップ

(その他)21曲
sky/9nine
漂流少女/9nine
Cherry/9nine
Show TIME/9nine
Over The Future/可憐Girl’s
MY WINGS/可憐Girl’s
とっぷし~くれっと/可憐Girl’s
ミミララ未来/hy4_4yh
サクライブキ/hy4_4yh
ジェネレーシュン X-NEO/hy4_4yh
シリアルナンバー99/コスメティックロボット
きらめきワンピース/コスメティックロボット
teenage days/岡本玲
Railroad Star/岡本玲
MILKY WAY/ももいろクローバー
ラフスタイル/ももいろクローバー
乙女ゴコロ・花吹雪/Feam
たとえば今この世界が終わりを告げたとしても/Feam
ウルトラ☆メガトン☆大好き/Chu!☆Lips
見つめて!キスして!抱きしめて!/Chu!☆Lips
Happy Go Go/d-trance

この候補曲の中から『なれのはてアワード楽曲部門』今年のベスト10を選びました。(順不同)

・恋愛ライダー/Buono!
・じゃなきゃもったいない!/Buono!

捨て曲ナシのBuono!だけど、無理矢理選ぶと結局はこの2曲かなと。
「恋愛ライダー」を初めて正月のワンダコンで見た時の衝撃は今でも忘れない。
Buono!の代表曲を挙げろと言われたら間違いなく「恋愛ライダー」だね。
良曲揃いのカップリングの中でも「じゃなけゃもったいない!」は別格。
アイドルソングとロックの融合は2008年のキーワードだったと思えるほど、
色んなアイドルがロック寄りのアプローチを見せ始めたけど、この曲が走りであり究極。
アイドルとロックのどっちか片方に寄り過ぎず絶妙なバランスに仕上がった奇跡の1曲。
「恋愛ライダー」

「じゃなけゃもったいない!」

・ラッキーオーラ/真野恵里菜

衝撃度では「マノピアノ」だけど、好みで言ったら「ラッキーオーラ」。
アレンジとかバックのシンセの音とかいかにもたいせーだよなって感じがするけど、
Perfumeを筆頭とした分厚い音が巷に溢れかえってる中では、このチープさが逆に新鮮だった。
一回聞いたら耳から離れないサビのフレーズと、マノリズムとも呼べる真野ちゃんの
独特な歌い方が見事に絡み合って今年の鼻歌大賞NO.1。

このスタンディングバージョンが素晴らしい!
握手の時に「この前TVで立って振り付きで歌ってたけど、あのフリは真野ちゃん考えたの?」
って聞いたら「先生と一緒に考えました♪」って言ってました。

・ドキッ!こういうのが恋なの?/えり~な

今年売り上げでPerfumeを越える可能性のあった唯一のアイドルソング。
つんく♂の3大楽曲・ラブマ、ちょこラブ、ジャンケンぴょんに匹敵するヒット曲に成り得た曲。
この曲をシングルカットしなかった事がつんく♂今年最大のミステイクだね。
町中のコンビニや有線からこの曲が流れてみんながハイハイハイハイ!してる姿が見たかった。
この曲は広い会場で歌うほど威力を発揮する曲で石丸電気で聞くよりも厚生年金で聞く方が
盛り上がる。横浜アリーナで1万人の客を前にしてえり~なが歌う姿を一度見てみたいなぁ。

・ニシキカザレ/キャナァーリ倶楽部

今年のつんく♂作品の中で一番好きなメロディ。
発売当初聞いた時はイマイチだったんだけど、しばらく経って聞いたら物凄く好きになった。
特にこの前のワンマンでりっぽん卒業発表直後に聞いたときは涙腺緩んだね。
思い入れ込みで評価が上がってるとこはあるけど、曲の好き嫌いなんて所詮そんなもの。
来年1月のりっぽん卒業ステージでこの曲を9人で歌ってる姿を想像するだけでヤバイ。

・初日/AKB48-B3
AKBの数ある公演曲の中で今年の一番を選ぶとこれだね。
『パジャマドライブ』公演は公演回数がすでに100回を超えてるけど、
この曲がオープニングだから飽きずに見れてるってのがある。
なんだかんだこれが始まると一気にテンション上がるもの。
やっぱセットリストの1曲目って大事だなと改めて思うね。

・モテ期のうた/アイドリング!!!
アイドリング!!!ってハロやAKBと比べると楽曲はどれも大したことない。
正直、楽曲って部分では同じ土俵には上がってないし、頑張って良曲作ろうとしてるとは
到底思えない。あくまくでもバラエティアイドルなので楽曲はオマケって扱いなんだと思う。
ヘタにカッコつけられても困るし、ベタベタなかわいい曲やられてもちょっと違うし。
そんな中で、この「モテ期のうた」はアイドリング!!!ならではの良さが出てる曲で、
他のアイドルでは絶対に歌えないし、っていうか歌いたくもないだろうw
番組見てない人がこの曲聞いてたら「なにこれ?ふざけてんの?」って思うハズ。
このふざけこそアイドリング!!!の真骨頂で、今後もアイドリング!!!しか歌えないこのような曲を
歌い続けて欲しいな。ひょっとしたらそんな中からヒットが生まれたりするかもしれないし。
来年出る「AKBアイドリング!!!」の楽曲がどっちよりになるのかも注目。
職人さんが作ったこのOPVが秀逸!

・ミミララ未来/hy4_4yh
2008年のhy4_4yhはみらの電撃脱退があったり、楽曲的にも試行錯誤の時期に突入したりと、
色んな意味で改革の年だった気がする。
そんな1年を振り返ると、やっぱ今年はこの曲に始まりこの曲に終わったなといった印象。
ステージと客席が一緒になって手を握ったり、腕組んだり、回ったり。ヲタトレインの進化形。
来年はhy4_4yhにとっての勝負の年。2009年hy4_4yhの未来に幸あれ!

・Over The Future/可憐Girl’s
2008年のアイドルソングを振り返る時に絶対にハズせないのがこれ。
厳密に言えばアニソン枠なのかもしれないけど、ジャンルがどうとかそんな事を
吹き飛ばすパワーがみなぎっている。
先週初めて生で見た時、メンバーのかわいさに終始見惚れてたけど、
この曲が始まった時はすべての空気が一瞬に変わったね。
名曲の持つ力をまざまざと見せ付けられた。これぞキラーチューン!

 

 

★2008年なれのはてアワード楽曲部門グランプリ

大声ダイヤモンド/AKB48

2008年を代表するアイドルソングはもちろんこの曲。ぶっちぎりと言っていいでしょう。
ハロプロがアイドルソングの王道を捨てた今、その隙間を付いて誕生した名曲。
アイドルじゃなけゃ歌えない、アイドルが歌うべき曲を教科書通りに提示した王道ソング。
イントロからラストまで素晴らしい疾走感、休むことなくノンストップで盛り上がれるし、
この1曲を見に行くためだけに公演に足を運ぶ気になる。

去年の「BINGO!」に続き、年1でこのようなシングル曲を生み出せるとこがAKBの強さ。
求められてる事を求められてる通りにやる。簡単なことだけど今のハロプロはそれができない。
アイドルに一番大事なのはルックスだけど、それを後押しするのは楽曲のパワー。
小難しいことを気にせず変化球も投げず、徹底してアイドル王道ソングを出し続けてるAKBが
遂にハロプロと肩を並べた年、それが2008年。