なれのはてアワード2011~各部門発表


あけましてあめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

去年は1月2日の「モーニング娘。9期合格者発表」から
スタートした1年だったけど、今年はどんなニュースから
スタートするのか。とりあえずハロコン中野初日が楽しみ。

去年は年初にこのような活動方針を出してました。

>2011年のテーマは「削減」。

>現場参戦数の削減

>1日のハシゴはなるべく2以下に抑える。

>握手会参加数を大幅に削減

2011年現場参戦数 498
2010年現場参戦数 485
2009年現場参戦数 450

はい!全然ダメ!w

つーか、これ書いた時に本気で書いたのか
あの頃の俺に聞いてみたいけどな。

>削減を進めた後に遠征解禁

削減できなかったけど、遠征もそこまで増やさなかった。
去年遠征したのは3回のみ。

10/10 ステップワン・ショーケース@仙台
09/03 モーニング娘。(初日)@愛知
01/30 Dorothy Little Happy@仙台

今年は仙台に2回、大阪に1回、福岡に4回くらい
予定しておこうかなw

今年の活動方針は「なすがまま」でいきたいと思います←

 

 

 

 なれのはてアワード2011

 過去の結果

「楽曲部門」結果はこちら

「現場(コンサート/イベント)部門」結果はこちら

 

 

 なれのはてアワード2011 アルバム部門

2010年グランプリ:ぱすぽ☆/TAKE★OFF
2009年グランプリ:Buono/Buono!2
2008年グランプリ:Buono!/CafeBuono!
2007年グランプリ:℃-ute/2mini ~生きるという力~

【ノミネート作品】五十音順
さくら学院/message
SUPER☆GiRLS/超絶少女
東京女子流/鼓動の秘密
ドロシーリトルハッピー/デモサヨナラ
ぱすぽ☆/CHECK-IN
BiS/Brand-new idol Society
ももいろクローバーZ/バトル アンド ロマンス

ここから最終的には3枚に絞れる。

「さくら学院/message」
全10曲。さくら学院本体5曲、ユニット5曲の割合で収録。
疾走感溢れる1曲目の「FLYAWAY」から
涙無しでは聞けないラストの「message」まで
ファンの期待通りのさくら学院がここにある。

「BiS/Brand-new idol Society」
バリエーション豊富な楽曲でまったく飽きさせない1枚。
音がとにかくカッコ良くて発売されてから長い間良く聞いた。

Perfumeをアイドル枠に入れるのに違和感あるのと同じで
BiSはそれ以上に違和感あるんだけどね。
本人達がアイドルと言って活動してるので入れてるけど。

 

 

★アルバム部門グランプリ

東京女子流/鼓動の秘密

これは悩まず決まりました。
デビューからのシングル曲がすべて入ってるので
第一期女子流のベストアルバム的な印象が強いけど、
シングル曲以外がどれも良いのが素晴らしい。
「Attack Hyper Beat pop」はライブでのキラーチューンに成長。

つーか、今までの女子流の楽曲で嫌いな曲って
1つも無いんだけどねw

このアルバム後の新曲が「Limited addiction」「Liar」で
『女子流2ndステージ』に突入した感が強いので、
春に出る次のアルバムが楽しみでしょうがない。

 

 

なれのはてアワード2011 NEWグループ/ユニット部門

2010年グランプリ:東京女子流
2009年グランプリ:スマイレージ
2008年グランプリ:MilkyWay
2007年グランプリ:キャナァーリ倶楽部

【2011年ノミネート】五十音順
スマイル学園
トーキョーチアチアパーティー
NMB48
Not yet
Happiness
BiS
フェアリーズ
LinQ

CD売り上げ、興行含め実績だけで言ったらNMB48だよね。
次点がNot yetかな。
レコ大の最優秀新人賞を強引に奪い取ったフェアリーズも
グランプリに相応しいかもしれない。

しかーーし!なれのはてアワードはこの2組の一騎打ちでした。

スマイル学園
1月に出会ってから1年間たっぷりと楽しませてくれました。
地下アイドルでありながら、他とは一線を画した独自の活動
を続けていて、どっぷりはまると抜けられない魅力がある。
これからも「スマイル学園ってなんなの?」って外の人達に
思わせ続けてくれるような隠密活動に期待。
知ってる人だけが知ってる謎の学園って素敵やん。

 

 

★NEWグループ/ユニット部門グランプリ

トーキョーチアチアパーティー

今年一番現場に通ったのがトーキョーチアチアパーティー。
DDなので特別に感情移入する贔屓のグループは
作らないようにしてるけど、チアチアはちょっと特別に
なりつつある。

一応自分ではチアチアファミリーの一員の気分。
チアチアの一番の魅力は何か?と聞かれたら
「無限の可能性」と答えます。
特別に優れてるものがあるグループではないけれど、
可能性だけは無限に秘めたグループだと思ってる。

ええ、ファミリーの一員なのでかなり過大評価してますよw

結成は2010年8月だけど、2010年の活動は少なかったし、
CD発売は2011年なので新人賞の対象にしました。

2012年トーキョーチアチアパーティーが
ブレイクするに2012チアチア!

 

 

なれのはてアワード2011 ニューカマー部門
※2011年に現れたアイドルの中で一番輝いていた子

2010年グランプリ:新井ひとみ(東京女子流)
2009年グランプリ:佐藤すみれ(AKB48チームB)
2008年グランプリ:北原里英(AKB48チームA)
2007年グランプリ:真野恵里菜(ハロプロエッグ/音楽ガッタス)

【2011年ノミネート】五十音順
生田衣梨奈 (モーニング娘。)
伊藤萌々香 (フェアリーズ)
小田美夢 (スマイル学園)
KAREN (Happiness)
桜山澪  (絆~kizuna~)
佐藤優樹 (モーニング娘。)
鞘師里保 (モーニング娘。)
鈴木真梨耶 (iDOLStreet生)
須永留奈 (トーキョーチアチアパーティー)
髙木悠未 (LinQ)
田谷菜々子(スマイル学園)
永井日菜 (iDOLStreet生)
中西悠綺 (トーキョーチアチアパーティー)
林田真尋 (フェアリーズ)
平井杏奈 (トーキョーチアチアパーティー)
平田梨奈 (AKB48チーム研究生)
芽奈 (みにちあ☆ベアーズ)
山本彩 (NMB48チームN)
ユウカ (B♭)

チアチアは2010年から知ってるので本来は対象外だけど
オマケでノミネートw

2011年は将来性がある新人がたくさん出ました。

伊藤萌々香 (フェアリーズ)
KAREN (Happiness)
山本彩 (NMB48チームN)

特にこの3人は将来アイドルを辞めた後も芸能界で
やっていけそうな気がするな。

 

 

★ニューカマー部門グランプリ

鞘師里保(モーニング娘。)

エナジー的な意味でも将来性でも彼女しか居ないでしょう。
高橋愛から王位を継承した中学1年生。
これから数々の伝説を残してくれることを期待したいです。
昨年、この部門を制した新井ひとみちゃんと同学年。
この2人がいつかステージ上でバトルする姿を見てみたい!

『2011年は鞘師里保がデビューした年』
としてアイドル史に刻まれました。

 

 

 なれのはてアワード2011 グループ/ユニット部門
※2011年一番楽しませてくれたグループ/ユニット

2010年グランプリ:ももいろクローバー
2009年グランプリ:Buono!
2008年グランプリ:AKB48
2007年グランプリ:℃-ute

【2011年ノミネート】五十音順
AKB48
SKE48
さくら学院
しず風・絆~KIZUNA~
スマイル学園
私立恵比寿中学
東京女子流
トーキョーチアチアパーティー
ドロシーリトルハッピー
フェアリーズ
モーニング娘。
みにちあ☆ベアーズ
ももいろクローバーZ
LinQ

2011年もたくさんのユニットに楽しませてもらいました。

現場に通ったという点では、スマイル学園とチアチア。
2009年前後のももクロ現場に通ってた時に近い、
身近な存在としてのアイドルがこの2組だったかな。
応援してあげたくなる魅力がある。

関東のアイドルではないのにとても身近な存在で
親近感が沸いたのがしず風・絆とDorothy Little Happy。
ここは運営のスタンス、現場の雰囲気なども含めて
とても肌に合うので、毎回楽しかった。

ドロシーは震災から立ち上がって東北の星となるべく
頑張ってる姿に心打たれる。
しず風・絆はメジャーになることよりも、自分達とお客さんが
楽しめることを第一に独自のスタンスで活動してるところが
魅力的。

LinQも含めて離れた場所を本拠地としてるアイドルに
対しての気持ちが変わった1年でもあったかな。

東京女子流

ライブ、楽曲、メンバーからのエナジー、総合的に判断して
東京女子流が2011年のグランプリです。
発表された曲がすべて好みだし、ライブは毎回楽しいし、
メンバーかわいいし、色気も出てきてヤバいし、言うこと無い。
文句なしの受賞です。

女子流に関しては何も心配してない。
あまりにも優等生すぎるのが逆に弱点みたいな。

パフォーマンスが素晴らしいアイドルを見るのは楽しいけど、
それだけをアイドルに求めてるわけじゃないからね。
つたないダンスや歌を見て高まったり感動することも多い。

「アイドル横丁祭り」での女子流はパフォーマスも存在感も
圧倒的だったけど、じゃあ一番楽しかったのは女子流か?
と言うとそうではなく、スト生、B♭、LinQ、ドロシー、
どれも楽しくて甲乙付けがたい。
パフォーマンス力だけで計れないのがアイドルの魅力。

とは言ってもパフォーマンスは魅力としては上位だし、
このレベルを女子流が維持してくれてるのは
今のアイドル界にとって有難いし財産。
アイドルブームと言われてるけど、その中に東京女子流が
存在してるかしてないかで大きく変わってくるくらい
重要なグループだと思う。日本のアイドル界の誇りですよ。

 

 

なれのはてアワード2011 ベストアイドル部門
※2011年一番輝いていたアイドル

2010年グランプリ:島崎遥香
2009年グランプリ:柏木由紀
2008年グランプリ:真野恵里菜
2007年グランプリ:真野恵里菜

ピストルエナジーと何が違うんだよ!
と言われそうですが、全然違います。

ピストルエナジーはあくまでその時点で
僕が感じてるエナジーをランク付けしてるもので、
この部門は年間通して
僕を一番楽しませてくれたアイドルに
差し上げる賞となってます。

【2011年ノミネート】五十音順
新井ひとみ(東京女子流)
木崎ゆりあ(SKEチームS)
後藤郁(アイドリング!!!)
佐々木彩夏(ももいろクローバー)
鞘師里保 (モーニング娘。)
島崎遥香(AKB48チーム研究生)
庄司芽生(東京女子流)
須永留奈 (トーキョーチアチアパーティー)
富永美杜 (ドロシーリトルハッピー)
林田真尋 (フェアリーズ)
廣田あいか(私立恵比寿中学)
水野由結 (さくら学院)

 

 

★ベストアイドル部門グランプリ

鞘師里保(モーニング娘。)

顔や名前を覚えられ親しくなるのが当たり前の時代、
そんな時代にステージの上だけTVの中だけで
俺を魅了してくれるアイドルはとても稀な存在。

「会いたい」という感情より、
「ステージを見たい」という感情が先に来る。

鞘師ちゃんとの出会いは、アイドルヲタになった当時の
ピュアな気持ちを俺に思い出させてくれた。

でも個別握手会が開催されたら
30ループくらいするつもりですけど何か問題でも(・_・) ん?

 

 

 なれのはてアワード2011 握手部門

今年から握手した回数をチェックする握手ダービー
「なれのはて番外地」で始めました。
1年間の結果をここで発表したいと思います。

他の部門と違って「どの握手が良かったか?」ではなく
単純に握手した回数、握手に通った日数で1位を決めます。

年間握手回数ランキング

1位 133回 島崎遥香 AKB48チーム4

2位  50回 入山杏奈 AKB48チーム4

3位  39回 伊藤萌々香 Fairies
3位  39回 井上理香子 Fairies
3位  39回 清村川音 Fairies
3位  39回 下村実生 Fairies
3位  39回 林田真尋 Fairies
3位  39回 野元空 Fairies

9位  33回 木﨑ゆりあ SKE48チームS
9位  33回 藤田みりあ Fairies

11位 31回 須永留奈 トーキョーチアチアパーティー

12位 29回 平井杏奈 トーキョーチアチアパーティー

13位 28回 白戸佳奈 Dorothy Little Happy
13位 28回 高橋麻里 Dorothy Little Happy
13位 28回 秋元瑠海 Dorothy Little Happy
13位 28回 富永美杜 Dorothy Little Happy
13位 28回 早坂香美 Dorothy Little Happy

18位 26回 柏木由紀 AKB48チームB/フレンチキス

19位 25回 中西悠綺 トーキョーチアチアパーティー

20位 24回 横山由依 AKB48チームK

21位 23回 後藤郁 アイドリング!!!

21位 23回 山内鈴蘭 AKB48チーム4

23位 22回 桑澤菜月 トーキョーチアチアパーティー
23位 22回 澤美帆 トーキョーチアチアパーティー
23位 22回 澤田樹菜 トーキョーチアチアパーティー
23位 22回 長岡茜 トーキョーチアチアパーティー

27位 21回 斉藤智子 トーキョーチアチアパーティー

28位 20回 大津美咲 トーキョーチアチアパーティー
28位 20回 澤翔子 トーキョーチアチアパーティー
28位 20回 桝元沙耶 トーキョーチアチアパーティー
28位 20回 吉村瑠莉 トーキョーチアチアパーティー
28位 20回 佐々木彩夏 ももいろクローバーZ

33位 19回 平田梨奈 AKB48チーム研究生
33位 19回 杏野なつ 私立恵比寿中学
33位 19回 増井みお ぱすぽ☆

36位 18回 島崎莉乃 iDOLStreet生
36位 18回 鈴木真梨耶 iDOLStreet生
36位 18回 永井日菜 iDOLStreet生
36位 18回 渡辺亜紗美 iDOLStreet生
36位 18回 福田花音 スマイレージ

41位 17回 藤田奈那 AKB48チーム研究生
41位 17回 指原莉乃 AKB48チームA
41位 17回 庄司芽生 東京女子流

44位 16回 関根優那 iDOLStreet生
44位 16回 鈴木友梨耶 iDOLStreet生
44位 16回 溝呂木世蘭 iDOLStreet生
44位 16回 青木詠夢 iDOLStreet生
44位 16回 菅野恵美里 iDOLStreet生
44位 16回 宮崎れいな 私立恵比寿中学
44位 16回 廣田あいか 私立恵比寿中学
44位 16回 星名美怜 私立恵比寿中学
44位 16回 富永良美 トーキョーチアチアパーティー
44位 16回 原田里佳子 トーキョーチアチアパーティー

54位 15回 伊藤祐奈 アイドリング!!!
54位 15回 橋本楓 アイドリング!!!/ChocoLe
54位 15回 瑞季 私立恵比寿中学
54位 15回 真山りか 私立恵比寿中学
54位 15回 安本彩花 私立恵比寿中学
54位 15回 鈴木裕乃 私立恵比寿中学
54位 15回 松野莉奈 私立恵比寿中学
54位 15回 柏木ひなた 私立恵比寿中学
54位 15回 和田彩花 スマイレージ
54位 15回 新井ひとみ 東京女子流
54位 15回 山邊未夢 東京女子流
54位 15回 中江友梨 東京女子流
54位 15回 原口貴妃 トーキョーチアチアパーティー
54位 15回 平山くるみ トーキョーチアチアパーティー
54位 15回 芦原優愛 トーキョーチアチアパーティー
54位 15回 玉井詩織 ももいろクローバーZ
54位 15回 百田夏菜子 ももいろクローバーZ
54位 15回 髙木悠未 LinQ

72位 14回 小田美夢 スマイル学園
72位 14回 小西彩乃 東京女子流
72位 14回 コウメ B♭
72位 14回 ユウカ B♭
72位 14回 有安杏果 ももいろクローバーZ

★握手に通った日数ランキング

1位  24日 須永留奈 トーキョーチアチアパーティー

2位  21日 平井杏奈 トーキョーチアチアパーティー

3位  17日 中西悠綺 トーキョーチアチアパーティー

4位  15日 澤美帆 トーキョーチアチアパーティー

5位  14日 桑澤菜月 トーキョーチアチアパーティー
5位  14日 澤田樹菜 トーキョーチアチアパーティー
5位  14日 長岡茜 トーキョーチアチアパーティー

8位  13日 大津美咲 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 斉藤智子 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 澤翔子 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 富永良美 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 桝元沙耶 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 吉村瑠莉 トーキョーチアチアパーティー
8位  13日 増井みお ぱすぽ☆

15位 12日 島崎莉乃 iDOLStreet生
15位 12日 鈴木真梨耶 iDOLStreet生
15位 12日 永井日菜 iDOLStreet生
15位 12日 渡辺亜紗美 iDOLStreet生
15位 12日 飯田ゆか スマイル学園
15位 12日 田谷菜々子 スマイル学園
15位 12日 原田里佳子 トーキョーチアチアパーティー
15位 12日 白戸佳奈 Dorothy Little Happy
15位 12日 高橋麻里 Dorothy Little Happy
15位 12日 秋元瑠海 Dorothy Little Happy
15位 12日 富永美杜 Dorothy Little Happy
15位 12日 早坂香美 Dorothy Little Happy

27位 11日 青木詠夢 iDOLStreet生
27位 11日 菅野恵美里 iDOLStreet生
27位 11日 鈴木友梨耶 iDOLStreet生
27位 11日 関根優那 iDOLStreet生
27位 11日 溝呂木世蘭 iDOLStreet生
27位 11日 川越由奈 スマイル学園
27位 11日 芦原優愛 トーキョーチアチアパーティー
27位 11日 原口貴妃 トーキョーチアチアパーティー

35位 10日 島崎遥香 AKB48チーム4
35位 10日 入山杏奈 AKB48チーム4
35位 10日 杏野なつ 私立恵比寿中学
35位 10日 星名美怜 私立恵比寿中学
35位 10日 宮崎れいな 私立恵比寿中学
35位 10日 和田彩花 スマイレージ
35位 10日 小田美夢 スマイル学園
35位 10日 柏木佑井 スマイル学園
35位 10日 北村真珠 スマイル学園
35位 10日 新井ひとみ 東京女子流
35位 10日 庄司芽生 東京女子流
35位 10日 山邊未夢 東京女子流
35位 10日 平山くるみ トーキョーチアチアパーティー
35位 10日 伊藤萌々香 Fairies
35位 10日 井上理香子 Fairies
35位 10日 清村川音 Fairies
35位 10日 下村実生 Fairies
35位 10日 林田真尋 Fairies
35位 10日 野元空 Fairies

 

 

★握手部門回数グランプリ
島崎遥香 AKB48チーム4

2位にWスコア以上つけてぱるるがぶっちぎりの1位。
カウントしてなかったけど、2010年もぱるるが1位でした。

握手回数だとAKBが上位に来るのは、
キャラアニで事前購入、それも抽選なので
とりあえず買っとかないと!という心理状況が働くのと
現金でその場で買わないってのが大きいよね。

ぱるるは握手列が過疎るので俺が行ってあげなきゃ!って
気持ちが強く、毎回大量購入してきました。
夏過ぎくらいからぱるる列も新規が大量に増えて
混むようになって来てるので、ループも簡単にできないし、
2012年は大幅に減ると思われます。

AKB握手バブルは俺の中では終わりを迎えました。

 

 

★握手部門日数グランプリ
須永留奈 トーキョーチアチアパーティー

るっぴーこと須永留奈ちゃんが24日で1位を獲得。
2011年一番会いに行ったアイドルちゃんってことになります。
「今、会えるアイドル」トーキョーチアチアパーティーが
上位を独占しました。これは2012年も続きそう。

チアチアは全員握手、個別握手の他にグループ握手がある。
4人のメンバーに対して持ち時間が60秒。
この60秒を4人に対して均等に使うも良し、
1人と60秒話すも良し、4人同時に話すも良し。
これがなかなか面白いので興味ある方は
ぜひチアチア現場にどうぞ!

 

 

 

なれのはてアワード 2011 全結果

【楽曲部門グランプリ】
Dorothy Little Happy/デモサヨナラ

【アルバム部門グランプリ】
東京女子流/鼓動の秘密

【NEWグループ/ユニット部門グランプリ】
トーキョーチアチアパーティー

【ニューカマー部門グランプリ】
鞘師里保(モーニング娘。)

【現場(コンサート/イベント)部門グランプリ】
東京女子流@中野サンプラザ12/24(土)

【グループ/ユニット部門グランプリ】
東京女子流

【ベストアイドル部門グランプリ】
鞘師里保(モーニング娘。)

【握手部門回数グランプリ】
島崎遥香 AKB48チーム4

【握手部門日数グランプリ】
須永留奈 トーキョーチアチアパーティー