なれのはてアワード2008


なれのはてアワード 2008

【楽曲部門】 大声ダイヤモンド/AKB48

【アルバム部門】 CafeBuono! / Buono!

【現場(コンサート/イベント)部門】 AKB48-B3rd「パジャマドライブ公演」

【ベストアイドル部門】 真野恵里菜

【ニューカマー部門】 北原里英(AKB48チームA)

【グループ/ユニット部門】 AKB48

【NEWグループ/ユニット部門】 MilkyWay

【名言/迷言部門】 えり~なイイナ!/えり~な

 

 

 楽曲部門

ざっと今年の候補を選んだら80曲になっちゃったw

(ハロプロ)27曲
リゾナントブルー/モーニング娘。
心の谷間/音楽ガッタス
イメージカラー/℃-ute
乙女COCORO/℃-ute
ほめられ伸び子のテーマ曲/℃-ute
「忘れたくない夏」/℃-ute
恋愛ライダー/Buono!
じゃなきゃもったいない!/Buono!
Cafe Buono!/Buono!
泣き虫少年/Buono!
ガラクタノユメ/Buono!
ロックの神様/Buono!
Kiss!Kiss!Kiss!/Buono!
ガチンコでいこう!/Buono!
れでぃぱんさぁ/Buono!
ロッタラロッタラ/Buono!
マイラブ/Buono!
こんにちぱ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
パパンケーキ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
アナタボシ/MilkyWay
サンサンGOGO/MilkyWay
タンタンターン!/MilkyWay
マノピアノ/真野恵里菜
ラッキーオーラ/真野恵里菜
Kill Me Kiss Me/HANGRY & ANGRY
Angelia/HANGRY & ANGRY
ロマンティックにバイオレンス/HANGRY & ANGRY

(NGP)8曲
アン ドゥ トゥロワ MIRACLE/NGP
ラヴメッセージ!/THEポッシボー
いじわるCrazyLove/THEポッシボー
愛してGIVE ME/THEポッシボー
初恋イメージ/キャナァーリ倶楽部
ニシキカザレ/キャナァーリ倶楽部
瞳がキラキララ/キャナァーリ倶楽部
ドキッ!こういうのが恋なの?/えり~な
スッピンロック/小川真奈

(AKB48)16曲
大声ダイヤモンド/AKB48
夢を死なせるわけにいかない/AKB48-H2
となりのバナナ/AKB48-H2
初日/AKB48-B3
必殺テレポート/AKB48-B3
パジャマドライブ/AKB48-B3
てもでもの涙/AKB48-B3
鏡の中のジャンヌ・ダルク/AKB48-B3
キスして損しちゃった/AKB48-B3
ワッショイB!/AKB48-B3
最終ベルが鳴る/AKB48-K4
シャムネコ/AKB48-K4
ハート型ウイルス/AKB48-A5
恋愛禁止条例/AKB48-A5
真夏のクリスマスローズ/AKB48-A5
ひこうき雲/AKB48-A5

(アイドリング!!!)8曲
Snow celebration
モテ期のうた
恋ゴコロ
Like a Shooting Star
告白
「職業:アイドル」
トキメキDREAMィング!!!
レモンドロップ

(その他)21曲
sky/9nine
漂流少女/9nine
Cherry/9nine
Show TIME/9nine
Over The Future/可憐Girl’s
MY WINGS/可憐Girl’s
とっぷし~くれっと/可憐Girl’s
ミミララ未来/hy4_4yh
サクライブキ/hy4_4yh
ジェネレーシュン X-NEO/hy4_4yh
シリアルナンバー99/コスメティックロボット
きらめきワンピース/コスメティックロボット
teenage days/岡本玲
Railroad Star/岡本玲
MILKY WAY/ももいろクローバー
ラフスタイル/ももいろクローバー
乙女ゴコロ・花吹雪/Feam
たとえば今この世界が終わりを告げたとしても/Feam
ウルトラ☆メガトン☆大好き/Chu!☆Lips
見つめて!キスして!抱きしめて!/Chu!☆Lips
Happy Go Go/d-trance

この候補曲の中から『なれのはてアワード楽曲部門』今年のベスト10を選びました。(順不同)

・恋愛ライダー/Buono!
・じゃなきゃもったいない!/Buono!

捨て曲ナシのBuono!だけど、無理矢理選ぶと結局はこの2曲かなと。
「恋愛ライダー」を初めて正月のワンダコンで見た時の衝撃は今でも忘れない。
Buono!の代表曲を挙げろと言われたら間違いなく「恋愛ライダー」だね。
良曲揃いのカップリングの中でも「じゃなけゃもったいない!」は別格。
アイドルソングとロックの融合は2008年のキーワードだったと思えるほど、
色んなアイドルがロック寄りのアプローチを見せ始めたけど、この曲が走りであり究極。
アイドルとロックのどっちか片方に寄り過ぎず絶妙なバランスに仕上がった奇跡の1曲。

・ラッキーオーラ/真野恵里菜

衝撃度では「マノピアノ」だけど、好みで言ったら「ラッキーオーラ」。
アレンジとかバックのシンセの音とかいかにもたいせーだよなって感じがするけど、
Perfumeを筆頭とした分厚い音が巷に溢れかえってる中では、このチープさが逆に新鮮だった。
一回聞いたら耳から離れないサビのフレーズと、マノリズムとも呼べる真野ちゃんの
独特な歌い方が見事に絡み合って今年の鼻歌大賞NO.1。

このスタンディングバージョンが素晴らしい!
握手の時に「この前TVで立って振り付きで歌ってたけど、あのフリは真野ちゃん考えたの?」
って聞いたら「先生と一緒に考えました♪」って言ってました。

・ドキッ!こういうのが恋なの?/えり~な

今年売り上げでPerfumeを越える可能性のあった唯一のアイドルソング。
つんく♂の3大楽曲・ラブマ、ちょこラブ、ジャンケンぴょんに匹敵するヒット曲に成り得た曲。
この曲をシングルカットしなかった事がつんく♂今年最大のミステイクだね。
町中のコンビニや有線からこの曲が流れてみんながハイハイハイハイ!してる姿が見たかった。
この曲は広い会場で歌うほど威力を発揮する曲で石丸電気で聞くよりも厚生年金で聞く方が
盛り上がる。横浜アリーナで1万人の客を前にしてえり~なが歌う姿を一度見てみたいなぁ。

・ニシキカザレ/キャナァーリ倶楽部

今年のつんく♂作品の中で一番好きなメロディ。
発売当初聞いた時はイマイチだったんだけど、しばらく経って聞いたら物凄く好きになった。
特にこの前のワンマンでりっぽん卒業発表直後に聞いたときは涙腺緩んだね。
思い入れ込みで評価が上がってるとこはあるけど、曲の好き嫌いなんて所詮そんなもの。
来年1月のりっぽん卒業ステージでこの曲を9人で歌ってる姿を想像するだけでヤバイ。

・初日/AKB48-B3rd
AKBの数ある公演曲の中で今年の一番を選ぶとこれだね。
『パジャマドライブ』公演は公演回数がすでに100回を超えてるけど、
この曲がオープニングだから飽きずに見れてるってのがある。
なんだかんだこれが始まると一気にテンション上がるもの。
やっぱセットリストの1曲目って大事だなと改めて思うね。

・モテ期のうた/アイドリング!!!
アイドリング!!!ってハロやAKBと比べると楽曲はどれも大したことない。
正直、楽曲って部分では同じ土俵には上がってないし、頑張って良曲作ろうとしてるとは
到底思えない。あくまくでもバラエティアイドルなので楽曲はオマケって扱いなんだと思う。
ヘタにカッコつけられても困るし、ベタベタなかわいい曲やられてもちょっと違うし。
そんな中で、この「モテ期のうた」はアイドリング!!!ならではの良さが出てる曲で、
他のアイドルでは絶対に歌えないし、っていうか歌いたくもないだろうw
番組見てない人がこの曲聞いてたら「なにこれ?ふざけてんの?」って思うハズ。
このふざけこそアイドリング!!!の真骨頂で、今後もアイドリング!!!しか歌えないこのような曲を
歌い続けて欲しいな。ひょっとしたらそんな中からヒットが生まれたりするかもしれないし。
来年出る「AKBアイドリング!!!」の楽曲がどっちよりになるのかも注目。

・ミミララ未来/hy4_4yh
2008年のhy4_4yhはみらの電撃脱退があったり、楽曲的にも試行錯誤の時期に突入したりと、
色んな意味で改革の年だった気がする。
そんな1年を振り返ると、やっぱ今年はこの曲に始まりこの曲に終わったなといった印象。
ステージと客席が一緒になって手を握ったり、腕組んだり、回ったり。ヲタトレインの進化形。
来年はhy4_4yhにとっての勝負の年。2009年hy4_4yhの未来に幸あれ!

・Over The Future/可憐Girl’s
2008年のアイドルソングを振り返る時に絶対にハズせないのがこれ。
厳密に言えばアニソン枠なのかもしれないけど、ジャンルがどうとかそんな事を
吹き飛ばすパワーがみなぎっている。
先週初めて生で見た時、メンバーのかわいさに終始見惚れてたけど、
この曲が始まった時はすべての空気が一瞬に変わったね。
名曲の持つ力をまざまざと見せ付けられた。これぞキラーチューン!

 

 

★2008年なれのはてアワード楽曲部門グランプリ

大声ダイヤモンド/AKB48

2008年を代表するアイドルソングはもちろんこの曲。ぶっちぎりと言っていいでしょう。
ハロプロがアイドルソングの王道を捨てた今、その隙間を付いて誕生した名曲。
アイドルじゃなけゃ歌えない、アイドルが歌うべき曲を教科書通りに提示した王道ソング。
イントロからラストまで素晴らしい疾走感、休むことなくノンストップで盛り上がれるし、
この1曲を見に行くためだけに公演に足を運ぶ気になる。

去年の「BINGO!」に続き、年1でこのようなシングル曲を生み出せるとこがAKBの強さ。
求められてる事を求められてる通りにやる。簡単なことだけど今のハロプロはそれができない。
アイドルに一番大事なのはルックスだけど、それを後押しするのは楽曲のパワー。
小難しいことを気にせず変化球も投げず、徹底してアイドル王道ソングを出し続けてるAKBが
遂にハロプロと肩を並べた年、それが2008年。

 

 

 なれのはてアワード 現場(コンサート/イベント)部門

今年のアイドル現場参戦数は集計するのがおっかないので集計しないけど、
細かいイベ(握手会など)も入れれば余裕で300超えてる感じです。
一番多いのはAKBで、AKB現場だけ抜き出しても100は超えてる。

(劇場参戦回数・72回)
B2nd-9回
ひまわり2nd-12回
B3rd-28回
A4thR-9回
研究生-8回
A5th-5回
SKE-1回

(劇場以外の参戦)
渋谷AX-4回
渋谷AX謝恩会-4回
「ドリームライブ2008」収録観覧
6/7AKB Docomoイベ
8/6AKBチームB@汐留
8/23日比谷野外音楽堂
9/22MUSICJAPAN観覧@NHKホール
大堀めしべ「甘い股関節」イベント@石丸電気SOFT1
10/25AKB48公開ラジオ@NKH放送センター
10/25AKB48Special Live at UDX
11/26ノースリーブスイベント@東京ドームシティ ラクーア

握手会-計測不能w

さすがにこれだけ行ってると一回の重みが薄れてしまうのは否めない。
楽しかったと思っても翌日になると違う楽しみに上書きされてしまうし、
同じ日に4箇所回れば1箇所目の記憶はかなり飛ぶよね。
先週どこ行ったか思い出せないのは良くあることで、
最近では一昨日どこ行ってたかすらわからない時があるw
来年は今年の半分くらいに抑えようと思ってます←

記憶に残ってないライブもたくさんあるけど、ちゃんと記録には残しておきたいので
1年間の参戦現場をざっと振り返って今年一番の現場を選びたいと思います。

 

 

★2007年グランプリ:℃-uteコンサートツアー2007春 ~ゴールデン初デート~

(1月)
・AKB48「リクエストアワー・セットリストベスト100」(SHIBUYA-AX) 
AKBデビューしてまだ1ヶ月しか経ってない時期で、知らない曲が大半だったけど楽しかった。
ライブ後の謝恩会&タッチ会含めて4日間たっぷりと堪能したなぁ。
来月はまた4日間に渡ってこのライブやるけど、今度はほぼ全部曲わかる状態なので、
1曲残らず楽しめる自信があります。ランキングも楽しみ。

(2月)
・音楽ガッタスコンサートツアー2008春~魅ザル 祝ザル GOODSAL!~(日本青年館)
目新しいことは何もなかったけど”ザ・ハロプロ”的なライブで楽しかった。
ステージの真野ちゃんを初めてたっぷりと堪能できたライブ。

・Buono!「恋愛ライダー」リリース記念イベント(東京厚生年金会館)
僅か5曲のイベントだけど「じゃなけゃ」初披露もあり、Buono!すげぇー!と唸らされたね。

・Chu!☆Lipsワンマンライブ(渋谷RUIDO K2)
初めて見たChu!☆Lipsのワンマンライブ。
ここでトッコの卒業が発表されて終演後はしょんぼりしたけど、ライブは凄かった。

(3月)
・AKB48-B3rd「パジャマドライブ公演」
ファンになってから初めて最初から参加したのがこの公演。
そういった思い入れを抜きにしてもこの公演のセットリストは素晴らしいと思う。
最初見た時から一発で気に入るってそうないし、そうゆう場合はすぐに飽きたりするけど、
全然飽きない。元々はあやりんとゆきりんの2人を中心に見てて、あやりん解雇になった頃は
しばらく見る気が起きなかったけど、指原・萌乃と加入して新たにリニューアルした事もあり、
更に「大声ダイアモンド」がセットリストに加わって無敵になった感がある。
これが来年の1月で終わってしまうとか今はまだ信じられないね。
B4thはこれを超えられるんだろうか?

・hy4_4yhワンマンライブ(赤坂MOVE)
念願の生バンドを従えたワンマンライブ。
2部制に分かれて約2時間半たっぷりと楽しめた。

・ハロー!プロジェクト新人公演3月~キラメキの横浜~(横浜BLITZ)
真野ちゃん最後の新人公演。
「I&YOU&I&YOU&I」で真野ちゃんがくしゃくしゃな顔して泣いてたのが印象的。

(4月)
・キャナァーリ倶楽部2008春~横浜キャナリアダイヤモンド~(横浜アリーナサウンドホール)
キャナにとって2007年夏以来の単独コン。
スタンディングで揉みくちゃになりながら2日間で4公演堪能した。
ボス復帰の一報が出たのがこの2日目で、あの日は色んな思いが頭を駆け巡りながら
見てた気がする。

(5月)
・MilkyWayデビューライブ(川崎クラブチッタ)
まったく期待してなかったのに超楽しかった。
SHIPS含めて大盛り上がり。「アナタボシ」でモッシュとか最高だったね。

・MELON GREETING(ゲスト・Buono!)(SHIBUYA-OEAST)
スタンディングでBuono!とか夢だったよね。
あまり暴れると見る事に集中できないから抑え目にしたけど。

(6月)
・ハロー!プロジェクト新人公演6月~赤坂HOP!~(赤坂BLITZ)
真野ちゃん卒業したので全部をフラットに楽しめた。
ここであやちょと友たんが一気に来たね。

・美勇伝コンサートツアー2008初夏 美勇伝説Ⅴ~最終伝説~(東京厚生年金会館)
千秋楽は入ってないけど、笑って終わる感じのいいコンサートだった。

・松浦亜弥コンサートツアー2008春「AYA The Witch」生誕祭(東京厚生年金会館)
このツアーはここ数年のあややのツアーの中ではあまり好きな方ではなかったんだけど、
この日は平日にも関わらず、えらい盛り上がりで最高の誕生日コンだった。楽しかったね。

・真野恵里菜お披露目握手会イベント(品川ステラボール)
「マノピアノ」初披露。色んな意味で震えが止まらなかったでいす。
イベント自体は矢島さんが全部持ってっちゃった感があるけどw

(7月)
・アイドリング!!!3rdライブ「決めるならこの夏っスング!!!」(ZEPP TOKYO)
17人になって初のライブ。
遠藤アナと生野アナの『ハピサマ』が見れたり盛りだくさんだった。

・松浦亜弥ファンの集い(横浜BLITZ)
予想もしなかった全曲アコースティク仕様のフルライブ。ええもん見れた。

(8月)
・ともえちゃんフォークジャンボリー(松浦亜弥/アイドリングほか)(お台場冒険王)
夏の野外でまったりと見れるって環境も良かったし、あややが歌う「さとうきび畑」や
「MajiでKoiする5秒前」とか超プレミア級ですよ。それが全部無料で見れたんだから最高!

・Buono! 結成1周年記念 FCスペシャルライブ~Rock’n Buono!~(横浜BLITZ)
先週やっとDVDが届いたので見ましたがやっぱ物凄いね。
あぁこの凄い空間に居たんだなぁと思うと感無量。
Buono!の3人とも100%力を出し切ってない状態でアレだもの。
たっぷりとリハーサルして万全の状態で勝負に来たら死者でるね。間違いない。
結成1年でこれだけのライブが出来るとかBuono!強すぎ!

・8/26(火)夜 AKB48研究生公演
この日の3日前、日比谷野音で研究生・中西優香のSKE移籍が突如発表された。
研究生の中でも姉御肌でみんなに好かれるリーダー的存在だった彼女。
そんな彼女が急に居なくなる事に僅か3日ではみんな気持ちの整理が付くハズもなく、
この中西最終公演は物凄い空間だった。悲壮感漂いながらも最後は精一杯明るく送り出そうと
頑張ってステージを続けるメンバー。
ラストの「なんて素敵な世界に生まれたのだろう」ではステージ上の誰もが泣いていた。
少女達のリアルな涙に心打たれて、サングラス越しに僕も泣いた夏の夜。青春っていいなぁ。

(9月)
・℃-ute Cutie Circuit 2008 ~9月10日は℃-uteの日~(品川ステラボール)
ツアーより、このイベントの方が断然良かった。
イベントの選曲ってつんく♂ノータッチなんだろうな。
「つんく♂が関わらないと素晴らしいものができる」ってのは2008年ハローの定石でしたね。

・9nine 1stワンマンLIVE “It’s SHOW TIME!!!” (SHIBUYA BOXX)
スタンディングで環境劣悪wだったけど、初めてたっぷりと9nineが見れたので楽しかった。
アイドリング!!!16号が客掻き分けて突っ込んで来たの含めて良い思い出w

・THE ポッシボー ライブツアー2008秋~SEXY ジェネレーション~(赤坂BLITZ)
ポッシヲタには評判悪かったらしいけど、俺は春よりこっちの方が楽しかったかな。

・ハロー!プロジェクト新人公演9月~芝公園STEP!~(メルパルクホール)
念願の友たんでロマモー、あやちょの17の夏、のっちのエロエロトークと見所満載だった。

・モーニング娘。コンサートツアー2008 秋 ~リゾナント LIVE ~(ハーモニーホール座間)
これは良いツアーだったよね。そりゃ相場も上がるわって思った。
今年の娘。ってほとんど話題にも上らず世間から忘れられた存在になっちゃったけど、
これだけ素晴らしいライブが出来るんだって事だけは俺の中で今年唯一の救いだった。
ポテンシャル高いのに、楽曲含めて周りが上手く盛り上げられてない所が歯がゆい。

(10月)
・真野恵里菜応援企画第1弾 真野FRIENDS PARTY vol.1
ゲストが吉澤/是永コンビという真野ちゃんがもっとも信頼を寄せてる2人。
申し込み時点でゲスト発表なかったので純粋に真野ちゃんを応援したい人だけが集まり、
更にこの日はご両親も観覧してたという、すべてにおいて超アットホームな空間。
「ラッキーオーラ」初披露やごっちんカバー曲もあり。
今年の真野ちゃん現場では文句ナシでこのイベントが一番だった。

・チームA5th「恋愛禁止条例」
チームAにとって1年8ヶ月ぶりの新セットリスト。俺にとっては初のAオリジナル公演。
オリメン5人卒業して、尾木メン3人は常に欠場。
研究生昇格組と研究生が中心になったメンバー構成は、研究生公演とチームA公演が
ブレンドされた感じで俺的には丁度良い。
飛びぬけた良曲(大声除く)は無いものの、つまらない曲がほとんど無く、安心して楽しめる。
大声級の曲があと2曲くらいあったら神公演って呼ばれてただろうね。

・松浦亜弥 Special Live 2008 at STB139 (10/20)
キャパ200の会場でアコースティックバンドを従えたあややが見れるとかその時点で当たり確定。
ディナーショー以上の内容をこの値段で楽しめるんだから素晴らしい。

・大声ダイアモンド発売記念・メンバー個別握手会
俺にとって初のAKB個人握手会。噂には聞いてたけど色んな意味で凄かった。
人気メンと不人気メンのあまりにも残酷な並びの差。意外なメンバーが人気あったり。
ゆきりんとの距離が一気に縮まった記念すべきイベント。

(11月)
・きらレボ・スペシャルLIVE(JCBホール)
台本通りに進んで行く『きらレボショー』的なライブなんだけど、仮面ライダーショーみたいに
見てる観客も一緒に参加してる気分を味わえて楽しい。曲も良いし文句ナシだったね。

・えり~な生誕イベント(石丸SOFT 2-7F)
腰痛から復帰したえり~なの生誕イベ。2曲とも立って歌ってた。えり~なが立った!
誕生日を心からお祝いしたくなるアイドルって今はえり~なだけかもしれないな。

・HANGRY&ANGRYお披露目イベント(渋谷C.C.Lemonホール)
僅か1曲で帰っちゃうという驚きのフィナーレ含め衝撃的なイベントだった。今後が楽しみ。

(12月)
・真野恵里菜「ラッキーオーラ」発売イベント(イオン八千代緑が丘店アゼリア広場)
これ結局レポ書かなかったんだけど、握手が凄かったのよね。
300枚握手券用意してたんだけど結局完売しなかった。
買う人が実質100人も居ないからみんなどんどんループw
「列が無くなると握手終了でーす!」ってアナウンスされるから、
握手終えるとすぐそのままCD買いに行ってまた握手列に並ぶみたいな。
握手は流しナシで10秒くらい喋れた。普通に真野ちゃんと何往復も会話できるとかすげーよ。
合計5回握手して真野ちゃん公認の真野FRIENDSになれました。平日イベは神!

・キューティーランド2(東京厚生年金会館)
「寝る子は℃-ute」の続編をまさかここでやってくるとは!素晴らしい!
あの楽しかった世界が蘇った。℃-uteのスタッフはヲタ心が分かってるよね。

・可憐Girl’s スペシャルライブ(お台場フジテレビ前)
これもレポ書く暇無くここまで来てたのでさらっとここでレポ。
生で見るのをここまで待ちに待ったユニットってのも久しくなかった。
今は気に入ればすぐ見に行けるからね。存在からしてレアなユニット。
この日は一日物凄い風で、更にフジテレビ前だからビル風がハンパ無い。
メンバーみんなか細いから吹き飛ばされるんじゃないかってくらい。マジで。

生で見た俺のすず香は期待を上回るかわいさだった。笑顔が素敵。
指原が猛烈に推してる彩未ちゃんの方がアイドルっぽいね。ヲタ受けするのはこっちかな。
3人ともトークとか聞いてると子役臭が漂うんだけどね、おはスタ臭というか。
強風吹き荒れる中、きちんと踊りながら歌ってて大したもんだな。

司会のお姉さんが「2人は来年で中学生になるんですよね!」って言った時が面白かった。
普通の流れだと、中学生になるのうれしいよね!って事でどんな事したい?とかって話が
進むじゃない。この現場はそれを許さなかったね。

お姉さん「2人は来年で中学生になるんですよね!」
彩未/ゆいか「はい!」

ヲタ全員「ええええええええええ~~~~!!」

お姉さんどん引き!みたいなw
色んな現場で数多くの「ええええ!」を聞いてきたけど、
ここまで醜い「ええええ!」は初めてでしたw

この日は持ち歌全3曲歌ったんだけど、ラストはもちろん「Over The Future」。
これは鬼強だよ!今までディアステの子とか素人がライブハウスで歌ってるの見るだけで
盛り上がってきたからね。遂に目の前で本家が歌ってくれるわけですよ。高まりまくり。
ハロヲタ、NGPヲタ、AKBヲタ、アイドリング!!!ヲタ、地下ヲタ、アニヲタ、おいも屋ヲタと、
ありとあらゆるヲタが集結したてたのでmixとか合いの手もまとまりゃしねぇw
色んな層から注目浴びてるユニットなんだなぁって事は良くわかったけど。

・えり~なx’masカードプレゼント会(石丸Soft-2)
えり~なイイナ!ピストルイイナ!

 

 

★2008年なれのはてアワード 現場(コンサート/イベント)部門グランプリ

AKB48-B3rd「パジャマドライブ公演」

楽曲部門に続きAKB48が2冠です。
単発イベントやライブの中ではこれに匹敵するものはいくつかあったけど、
長期間に渡るツアー及び公演の中ではこの「パジャマドライブ」が圧倒的だったね。
色々と印象に残ってる公演もある、まゆゆがなっちゃんに激怒した公演とかw
生誕祭も結構参加してて、まゆゆ/なっちゃん/はーちゃん/あやりん/ゆきりん/らぶたんに参加。
最近はあまりドッキリっぽい事やらなくなったけど、チームBの生誕は凝った仕掛けしてて
いつも面白かった。「だるまさんが転んだ」をみんなでやって、鬼が目を隠してる間にケーキを
ステージにセッティングとか。いつもアットホームな感じがあって楽しかったな。

ちなみにTOP5残りはこんな感じです。
・Buono! 結成1周年記念 FCスペシャルライブ~Rock’n Buono!~(横浜BLITZ)
・松浦亜弥コンサートツアー2008春「AYA The Witch」生誕祭(東京厚生年金会館)
・MilkyWayデビューライブ(川崎クラブチッタ)
・8/26(火)夜 AKB48研究生公演

 

 

★2008年なれのはてアワード アルバム部門グランプリ

CafeBuono! / Buono!

※2007年グランプリ「2mini ~生きるという力~/℃-ute」

【2008年ノミネート作品】
SET LIST~グレイテストソングス 2006-2007~ / AKB48
CafeBuono! / Buono!
だいじなもの / アイドリング!!!
second9 / 9nine
君の未来を愛してる / Feam
Kill Me Kiss Me / HANGRY & ANGRY

Buono!ぶっちぎりっていうか、他に選びようがないもの。
来年も2ndアルバム発売が決定してるのでBuono!のV2濃厚。
次点は「second9 / 9nine」。
来年は℃-ute、キャナ、ポッシ、hy4_4yh、可憐Girl’sなどのアルバムに期待したいです。

アイドル以外のアルバムでは今年はLAZYgunsBRISKYに尽きる。
こればっか聞いてたもの。いいバンドと出会えた年だったな。
AC/DC、Metallicaといった大物のアルバムが近年稀に見る良盤。ガンズはガッカリ。
Rodrigo y Gabrielaは今年初めて知ってぶったまげた。凄すぎ。

アイドル以外のアルバム今年のベスト5
1:quixotic / LAZYgunsBRISKY
2:Catching!/ LAZYgunsBRISKY
3:Black Ice / AC/DC
4:Death Magnetic / Metallica
5:Live in Japan / Rodrigo y Gabriela

 

 

★2008年なれのはてアワード 名言/迷言部門グランプリ
※今年一番印象に残ってる言葉

えり~なイイナ!/えり~な

【2008年ノミネート 名言/迷言】
えり~なイイナ!/えり~な
やびゃあ(^ω^;)/渡辺麻友(AKB48チームB)
なに綺麗ごと言ってんのよ!!(なっちゃんに切れた)/渡辺麻友(AKB48チームB)
推し増/指原莉乃(AKB48チームB)
推しは変えるものじゃない、増やすもの/指原莉乃(AKB48チームB)
おしっこ立ってしちゃお!/フォンチー(アイドリング!!!14号)
好きって言ってくれなけゃすねちゃうもん!/柏木由紀(AKB48チームB)

正直、全然覚えてないw
まだまだたくさんあったハズなんだけどね。特にアイドリング!!!とか宝庫のハズ。
そんな状態ではあるけど今年一番の名言を選ぶなら「えり~なイイナ!」かなと。
この部門は来年からもっとちゃんとやろう。

 

 

★2008年なれのはてアワード グループ/ユニット部門グランプリ
※2008年一番楽しませてくれたグループ/ユニット

AKB48

※2007年グランプリ:℃-ute

【2008年ノミネート グループ/ユニット】
Buono!
℃-ute
AKB48
アイドリング!!!
hy4_4yh
キャナァーリ倶楽部
THEポッシボー
9nine

AKB48は本来はチームごとにノミネートするのが筋のような気もするけど今年はこの形で。
Buono!と悩んだけど年間通して楽しませてくれたのはAKB48で間違いないですね。

 

 

★2008年なれのはてアワード NEWグループ/ユニット部門グランプリ
※2008年に誕生したグループ/ユニットの中でのグランプリ

MilkyWay

※2007年グランプリ:キャナァーリ倶楽部

【2008年ノミネート NEWグループ/ユニット】
可憐Girl’s
コスメティックロボット
ももいろクローバー
MilkyWay
しゅごキャラエッグ

ここは激戦でした。曲、ライブ含めて総合的にMilkyWayが一歩リードという結果。
この中で来年一番期待してるのはコスメティックロボットですね。

 

 

★2008年なれのはてアワード ニューカマー部門グランプリ
※2008年に現れたアイドルの中で一番輝いていた子

北原里英(AKB48チームA)

※2007年グランプリ:真野恵里菜(ハロプロエッグ/音楽ガッタス)

【2008年ノミネート ニューカマー】
岡本玲
北原里英(AKB48チームA)
指原莉乃(AKB48チームB)
松井珠理奈(SKE48)
高井つき奈(SKE48/ももいろクローバー)
朝日奈央(アイドリング!!!)
森田涼花(アイドリング!!!)
中元すず香(可憐Girl’s)
新芽歩(コスメティックロボット)

ニューカマーの基準は、CDデビューしたとかステージデビューしたとかは関係なく、
『僕がその子を認識した時点』でその年のノミネート対象となります。
ゆうかりんとかは今年CDデビューしてるけど、前から知ってるので新人扱いではないです。
ここはきたりえですね。彼女を初めて見たのって3月くらいだったと思うけど、
今ではベテランの貫禄すらあるもの。僅か数ヶ月で女の子ってここまで輝くんだなと驚かされる。
この部門は来年もAKBの研究生が強そうだな。

 

 

★2008年なれのはてアワード ベストアイドル部門グランプリ
※2008年一番輝いていたアイドル

真野恵里菜

※2007年グランプリ:真野恵里菜(ハロプロエッグ/音楽ガッタス)

【2008年ノミネート ベストアイドル】
真野恵里菜
鈴木愛理(℃-ute/Buono!)
矢島舞美(℃-ute/High-King)
田中れいな(モーニング娘。/High-King)
久住小春(モーニング娘。/月島きらり/MilkyWay)
前田憂佳(しゅごキャラエッグ/High-King)
えり~な(キャナァーリ倶楽部)
前田敦子(AKB48チームA)
小野恵令奈(AKB48チームK)
柏木由紀(AKB48チームB)
北原里英(AKB48チームA)
川島海荷(9nine)

ピストルエナジーと何が違うんだよ!と言われそうですが、全然違います。
ピストルエナジーはあくまでその時点で僕が感じてるエナジーをランク付けしてるもので、
この部門は年間通して僕を一番楽しませてくれたアイドルちゃんに差し上げる賞となってます。
昨年も真野ちゃんでしたが今年も真野ちゃんですね。今年もたくさんまのまのしたもの。
次点は鈴木愛理さんと柏木由紀さんでした。

来年もたくさんのアイドル達が僕を楽しませてくれる事を期待して、
今年のなれのはてアワードを終了したいと思います。みなさん良いお年を!